教育方針
幼稚園概要
ブログ
園内の様子
給食
預かり保育(うさぎ組)
縦割り保育
課外授業
姉妹園紹介
出席停止用紙原本・連絡メモ

学校法人富塚学園富塚幼稚園
TEL053-471-3491
info@tomitsuka-yochien.jp
〒432-8002   静岡県浜松市中区富塚町659

バスキャッチ
始業式

2017年1月6日(金)
 いよいよ3学期が始まりました。
最初の挨拶は「あけまして おめでとうございます」
冬休みの間に何回も言ったようで、子ども達は慣れた様子で久しぶりに会うお友だちや先生と言葉を交わしていました。

さくら組は小学校入学準備、その他の学年は1つ大きなお兄さん、お姉さんになるための準備の学期です。
短い中にも、やらなくてはいけないことはたくさんあります。
あけましておめでとうございます始業式

 

獅子舞を見よう

2017年1月10日(火)
 毎年、3学期には「観劇」を行っていますが、今年はいつもとちょっと違う演目を選んでみました。
題して「獅子舞を見よう」です。

お正月と言えば、かるたや凧揚げ、羽根つき、すごろくや福笑いを連想しますが、幼稚園の子ども達にしてみると実はどれも体験したことのない物ばかりのようです。
ですから幼稚園では「お正月遊び」としてできるだけたくさんの遊びを保育の中に取り入れています。
しかし、どうしても幼稚園ではできないことがありました。
それが、「獅子舞」です。
そこで、今年は人形劇ではなく、獅子舞を選んでみました。
先生達に聞いてみると、「生獅子舞(TVなどではなく本物)」を見たことがある先生はほとんどいませんでした。
そういう意味では本当にいい経験が出来ました。


そして白羽の矢が当たったのが歌舞劇団田楽座さんです。
今回は日本の「祭り」をテーマにいろいろなものを見せていただきました。

太鼓やかね、笛を演奏しながら子ども達の間を練り歩き、早くも子ども達はウキウキ、ワクワクの表情です。
歌舞劇団田楽座

南京玉すだれを使って昔話もしてくれました。

南京玉すだれを初めて見た子ども達。
最初は「お寿司を巻くの!!」と元気よく答えていたり、中には家で巻きすを取り出してきた子がいたとかいないとか・・・
子ども達にはやはり同じ物に見えたようです。
南京玉すだれ

そして、獅子舞です。

獅子舞にパクッとしてもらうと《厄落とし》が出来るという事で、たくさんの子ども達がパクッとしてもらいました。
でも、ちょっぴり怖がっていた子がいたのも確かでした。
獅子舞・コマ回し

こまの出し物の時には、ちょっとだけ幼稚園のお友だちもお手伝いしました。
コマ回し


舞台を見る子ども達は、大きな笑い声をあげたり、手拍子をしたり、時には真剣なあまり静まり返ったり・・。
獅子舞見学

大きな太鼓の音や笛の音で、今年1年元気に過ごせそうなパワーをもらいました。

子ども達が部屋に帰る時に、ちょっとだけ獅子舞を触らせてもらいました。
恐る恐る手を出している子ども達でしたが、しっかり触ることが出来ていました。
「獅子舞は怖い物ではないことを子ども達に伝えたい」とおっしゃっていた田楽座の皆さん。
その思いはしっかり伝わったと思います。
クリスマス会
クリスマス会

 

 

編集後記
 
木枯らしのイメージ 今年は新年早々、獅子舞を見ていいことがありそうな予感がしたのですが、次の週には幼稚園中でインフルエンザが大流行してしまいました。
しかし、これも2月の音楽会の週でなくてよかった、と思わないといけないのかもしれません。
音楽会の週では出演できない子がいたり、音楽会自体の開催が危ぶまれたかもしれないのですから。

物事は考えようです。
風邪をひくのは丈夫な体になるため、冬の寒さは温かい春の準備のため…
前向きに考え、1年のまとめの3学期を過ごしていきたいと思います。

とみつか新聞 編集長

2016年4月2016年5月2016年6月2016年7月2016年8月2016年9月2016年10月2016年11月2016年12月2017年1月2017年2月2017年3月2016年お泊まり保育
平成28年度の発行済み「とみつか新聞」 をご覧になりたい方は、上部の見たい月のマークをクリックしてください。